その歴史が幕を開けたのは1870年。
大戦中、ジョゼフ・グラゼはドイツ軍を避け、故郷のアルザス地方を脱出。妻アリスの出身地であるシャンパーニュ地方のエペルネへ徒歩で向かいます。が、44歳にして路上で急死。 息子のアルマン=ラファエルは医者になるのが夢でしたが、時期尚早に一家の大黒柱となった彼は、生活費を賄うためにワイン仲買業を展開します。

1870

Armand-Raphaël

1920年、アルマン=ラファエルはこのビジネスを拡大。グラゼ・シャンパーニュの製造に着手し、直ちにこれを「AR Lenoble」と命名します。 休戦協定間もない時期にドイツ語の響きを伴う名は適切でないと判断し、「AR Lenoble」のブランドを立ち上げます。「AR」は自身のイニシャル、「Lenoble」はシャンパーニュ産ワインの気品(ノーブル)にオマージュを捧げたもの。

1920

Anne et Antoine

こうして4世代に渡り、完全に独立した形で、献身的に、社会的な役割を果たしたいという確固とした価値観の下、一族のドメーヌは受け継がれます。

現在はアンヌとアントワーヌ・マラサーニュが兄妹でドメーヌを管理しています。20年以上前から確信をもって、彼らはAR Lenobleのシャンパーニュを製造しています。彼らは安泰で迅速な事業展開へ導く魅力的な買取案に屈することなく、自らの自由を維持することに徹してきました。このように独立の精神を大切に守ってきたことで、決められた収益を即座に出すという要求に苛まれることなく、品質の向上に専念できています。

1993

1870

L’Histoire commence en 1870.
大戦中、ジョゼフ・グラゼはドイツ軍を避け、故郷のアルザス地方を脱出。妻アリスの出身地であるシャンパーニュ地方のエペルネへ徒歩で向かいます。が、44歳にして路上で急死。 息子のアルマン=ラファエルは医者になるのが夢でしたが、時期尚早に一家の大黒柱となった彼は、生活費を賄うためにワイン仲買業を展開します。

1920

Armand-Raphaël

1920年、アルマン=ラファエルはこのビジネスを拡大。グラゼ・シャンパーニュの製造に着手し、直ちにこれを「AR Lenoble」と命名します。 休戦協定間もない時期にドイツ語の響きを伴う名は適切でないと判断し、「AR Lenoble」のブランドを立ち上げます。「AR」は自身のイニシャル、「Lenoble」はシャンパーニュ産ワインの気品(ノーブル)にオマージュを捧げたもの。

1993

Anne et Antoine

こうして4世代に渡り、完全に独立した形で、献身的に、社会的な役割を果たしたいという確固とした価値観の下、一族のドメーヌは受け継がれます。

現在はアンヌとアントワーヌ・マラサーニュが兄妹でドメーヌを管理しています。20年以上前から確信をもって、彼らはAR Lenobleのシャンパーニュを製造しています。彼らは安泰で迅速な事業展開へ導く魅力的な買取案に屈することなく、自らの自由を維持することに徹してきました。このように独立の精神を大切に守ってきたことで、決められた収益を即座に出すという要求に苛まれることなく、品質の向上に専念できています。

18ヘクタールを誇る弊社のブドウ畑は、シャンパーニュ地方でも最高の丘陵に位置します。
シュイイは、コート・デ・ブランでグランクリュに格付けされている6村のひとつ。
ビスイユは、モンターニュ・ド・ランスのプルミエクリュに格付けされているテロワール。 ダムリィは、卓越したムニエを生産することで知られたヴァレ・ド・ラ・マルヌに位置する村。 パートナーシップを結ぶエペルネ地区の栽培者から供給されるブドウが加わり、AR Lenobleのシャンパーニュを構成するクリュのパレットが完成します。

18ヘクタールを誇る弊社のブドウ畑は、シャンパーニュ地方でも最高の丘陵に位置します。
シュイイは、コート・デ・ブランでグランクリュに格付けされている6村のひとつ。
ビスイユは、モンターニュ・ド・ランスのプルミエクリュに格付けされているテロワール。 ダムリィは、卓越したムニエを生産することで知られたヴァレ・ド・ラ・マルヌに位置する村。 パートナーシップを結ぶエペルネ地区の栽培者から供給されるブドウが加わり、AR Lenobleのシャンパーニュを構成するクリュのパレットが完成します。

質の良いワインにまず必要なのは質の良いブドウであるという信念からスタートしたアンヌとアントワ
ーヌは、ブドウ栽培作業にとりわけ重点を置いています。
シャンパーニュ地方北部の寒冷多湿気候の中、生物の多様性と土壌内の生命を優先させた論理的なアプローチを展開しています。

生産量を抑えるため、ブドウ畑に草を生やし、白亜質の奥深くまで根を張れるよう、土壌を掘り下げ、ブドウの成長を即すのに必要な栄養素が培われるよう、
土の風通しをよくしています。

2012年には、AR Lenobleのブドウ畑がHVE(環境価値重視)として認定されました。
それ以来、ドメーヌには環境への貢献を物語る巣箱が設けられています。

2012年には、AR Lenobleのブドウ畑がHVE(環境価値重視)として認定されました。
それ以来、ドメーヌには環境への貢献を物語る巣箱が設けられています。

jaJA
fr_FRFR en_GBEN es_ESES de_DEDE it_ITIT zh_CNZH jaJA